Huluは税抜き月額933円(税込み1007円)で配信されているすべての動画コンテンツを視聴できます。

月初めに登録した場合や、月末に登録した場合など、登録のタイミングによって得したり損することがあるのでしょうか?

Hulu登録日が請求日!いつ登録しても料金は同じ

Huluでは登録した日が請求日になるので、ユーザーごとに請求日が異なります。

なので、月初めでも月末でもほかの日でも、いつ登録しても変わりません。

 

請求日から1か月間は、追加でお金を請求されることなく自由に配信動画を見ることができます。

料金は日割り計算されるわけではないので、いつ登録しようが安くなることはありません。

 

登録日をいちいち気にしなくて済むのは、いいところですね。

 

 

無料トライアルはどのタイミングで登録するのがいい?

登録日にいきなり有料会員となるのは、過去にHuluに登録したことがあって解約し、再び登録(契約)する場合です。

 

Huluに登録したことがない場合は、登録から14日間は無料でHuluの動画見放題の「無料トライアル」キャンペーンを利用できます。

無料トライアルに登録する場合は、得したり損するタイミングはあるのでしょうか?

 

結論を言うと、無料トライアルに登録するタイミングもいつであろう変わりません。

 

無料トライアルに登録すると、その日から14日間は1円も請求されずにタダで動画を視聴できます。

登録日から数えて15日目になると、有料会員に自動更新され、その日に月額933円(税抜き)を請求されます。

 

無料トライアル登録日は月初めだろうと、月末だろうと、それ以外だろうと、15日目に有料会員初日で請求日となるので、どのタイミングで登録しても料金に変わりはないのです。

 

少しでも得したいなら日付が変わって間もない時間帯に登録する

日数は夜の0時00分区切りでカウントされています。

7月1日の未明に登録しても、夕方以降に登録しても登録日が7月1日とカウントされます。

 

過去にHulu登録済みで再び登録する場合は、登録が7月1日中であれば、朝でも夜でも7月1日が請求日となります。

無料トライアルに登録する場合も、登録したタイミングが7月1日中であれば、それが朝でも夜でも7月1日が無料トライアル1日目とカウントされ、7月15日に有料会員1日目となって、そのタイミングで月額933円を請求されます。

 

なので、夜間に登録するなら日付が変わって間もない時間帯である方が得すると言えるでしょう。