10mエアライフル射撃で東京オリンピック出場が内定している岡田直也選手のプロフィール。




岡田直也選手のプロフィール

  • 名前:岡田 直也(読み方:おかだ なおや)
  • 生年月日:1990年10月10日
  • 満年齢:30歳(2021年8月時点)
  • 身長:183㎝
  • 体重:70㎏
  • 出身地:岡山県津山市
  • 所属:ALSOK
  • 東京五輪の出場内定種目:10mエアライフル
  • 趣味:ドライブ、写真撮影
  • 尊敬する選手:為末大さん
  • Twitterアカウント:@KPShooting

岡田直也選手の経歴や出身学校

岡田直也選手の出身学校▼

  • 津山市立津山西中学校(2005年度に卒業)
  • 岡山県立津山工業高等学校 電子機械科(2008年度に卒業)
  • 大阪産業大学(2009年4月~2013年3月まで在籍し退学)

岡田直也選手は2歳の時から水泳を始めたそうで高校時代まで水泳をし、津山工業高等学校でも水泳部に所属していました。

ライフル射撃をはじめるのは、大阪産業大学の在校生だった18歳の時で、始めたきっかけは大学進学後に新しいスポーツをしたかったから。

岡田直也選手は高校時代まで打ち込んできた水泳以外にも、バレーボールやスキーを経験していたこともあって、ライフル射撃もこれらのスポーツと同じように打ち込めたそうです。

幼い頃からスポーツをしてきたことで幅広い運動能力が向上し、ライフル射撃で大切とされる「体がブレない体幹の強さ」にも活きていると感じるとのこと。

 

2016年にALSOKに入社し、2021年現在もALSOK所属している岡田直也選手ですが、大阪産業大学を中退し、実家の農業を手伝っていた時期もあります。

 

そんな異色の経歴を持つ岡田直也選手ですが、2021年3月21日に行われたライフル射撃10メートル種目の東京五輪最終選考会で、日本新記録となる633.8点を樹立しました。

当選考会は国際連盟の公認大会ではなかったものの、2013年のW杯ミュンヘン大会に出場したハンガーのシディ選手が記録した633.5点を上回っており、世界新記録相当です。

 

東京オリンピック出場内定となった岡田直也選手のオリンピック出場は今回が2度で、2016年のリオ五輪がオリンピック初出場でした。

リオデジャネイロオリンピックの結果は20位でしたが、東京オリンピック最終選考会で、日本新記録かつ世界新記録相当の点数を出したことで、東京オリンピックの金メダル候補として注目されています。

 

また、岡田直也選手は岡山市の岡山商科大学射撃部の監督を務めています。

岡山商科大学射撃部の創部から3年ほど経った2017年に、岡山商科大学の学生会館4階に専用のエアライフル射撃場が完成しました。

専用練習場を持つ大学は少ないことや、2度目のオリンピック出場者となる岡田直也選手が監督しているということで、有力な選手の誕生にも期待したいですね!